sakuma tumblr

RSS
Aug 1

息子の「ほいくえんいきたくない」にトコトン付き合ったらどうなるか、半休をとって確かめた
三十分程度「いきたくなさ」を聞いてあげたら嘘のように「行こっと」と気を取り直して登園していった
大人も「やりたくない」と言うより「やりたく無いと言う思いがあることを知ってほしい」てトコあるよね

- Twitter / Isaacsaso: 息子の「ほいくえんいきたくない」にトコトン付き合ったらどうな … (via poochin)

Aug 1

社会はこういう方向に急激に変化して、それによって我々はプライバシーを失う代わりに、劇的に不正の可能性の少ない社会を得ることができます。そして、この方向への変化は、もう後戻りできないくらい決定的に起こってしまっていると、私は思います。

- Twitter化する公明正大な早漏化社会 - アンカテ (via mitaimon) (via motomocomo) (via mitaimon)

Aug 1

tumblr にとって唯一の問題は節操がまったくないことだ

- Tumblr (via jinakanishi, taizooo) (via yasunao-over100notes) (via mcsgsym) (via chelseamix) (via l9g) (via itokonnyaku) (via libranix) (via yellowblog) (via namimory) (via tomato-s)

Aug 1

カーチャン倒すときに、最期に一瞬だけ正気を取り戻して「シンイチ・・」とかひと言残して死ぬなんてシーンがあったら その寄生獣は最悪の映画だと言っていいとおもう。 ははは、まさかそんなシーン無いよね?(保険

- Twitter / doriken3 (via gkojax)

Aug 1

具体的には部下のケツを拭くことに寛容な女性がいない。

「何?ミスお客様からクレーム?あーいいよいいよ、俺が対応するよ

そこで◯◯しなきゃこうなるって身を持って分かったろ?まあ次は気をつけてくれよな

上には俺から上手く言っとくから大丈夫

みたいな事が言えないっつーか。

真面目で責任感のある女性新人教育をまかせたら、細かい事をネチネチ指摘するマシーンになってしまった。

上司としての私の責任を問われるような真似はしないでよね?という方向性責任感の方向性おかしい。

フツーの女性新人教育を任せたら「邪魔からアンタはもう引っ込んどいて」か

「なんで私が他人の世話なんかしないといけないの」的な態度で放置プレイになりやすい。

なんつーか自分以外の誰かを抱え込む度量がないし、彼女たち自身それをとても嫌がる。

女同士の付き合いもあるので対女性とある程度穏便になるが、対男性だとヤバい

彼女たちは自分より仕事ができない男性ものすごく苛立ちを覚えるし、恋愛対象にならない気弱なブサメンや老人相手になるとホントにキツくあたる。

女性がどうこうというより、男性が他人の世話をやき抱え込むことで場を支配したがるという傾向があるのかもしれないが。

-

理想の上司になれる女性って少ない

これはガチ

(via soulboy)

Aug 1
nise3kawan:

Twitter / TABECHAUYO: フジロックに行ってるみなさんに言いたいんですが、あそこマダニ …

nise3kawan:

Twitter / TABECHAUYO: フジロックに行ってるみなさんに言いたいんですが、あそこマダニ …

Aug 1

お昼に入った店で50代くらいのオッサンが『さっきから何だその態度は!お客様は神様だろう!』と若いバイトに怒鳴ってたんですけど、そのバイト、そもそも“お客様は神様”を知らないらしく「え?ちょっと意味わかんないス」とナチュラルに煽ってたんですが、そりゃ知らないよな…三波春夫だもんな。

- Twitter / kozeni_shkt (via yellowblog)

Aug 1

■石鹸系シャンプーはダメージが大きくなりがち!
「頭皮にも、特に髪には相性最悪です。石鹸はアルカリ性なので
髪のキューティクルが強制的に開いてしまい、ダメージに直結します。
さらに、他の洗浄剤より洗浄に多くの分量を要する上、石鹸カスが髪に付着してゴワゴワの手触りに。
何ひとつ良いことなし、髪を洗うシャンプーとしては最悪といえます」とのこと。

■ラウリル硫酸塩系は害が懸念される!
「ラウリル硫酸塩系は皮膚への浸透性が高く、かつて多く使われていた欧米でも皮膚病が多発して
あまり使われなくなった洗浄剤です。

■殺菌系は善玉菌まで取り去る恐れが……
「意外に思われるかもしれませんが、昨今急激に販売が増えてきている
殺菌系シャンプーもNGシャンプーの1つ。デオドラント(臭いを防ぎたい)というニーズに向けて安易に作られているケースが多いようです。
しかし、皮膚の健康を保つ善玉菌まで一掃してしまっては、一時的に臭いは防いでも肌の老化は早まり乾燥肌、フケといった別の症状になって現れてくるのは自明です」

- 【朗報】プロが「絶対使わない」NGシャンプー が判明!!!!:暇つぶしニュース (via 774rider)

Aug 1

>美容師さんがオススメしないシャンプーはツバキ・ラックス・パンテーンです。
>コーティング剤や石油成分が多く入っている為、頭皮や髪に良くないと言われました。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1376268433

らしい

- 【朗報】プロが「絶対使わない」NGシャンプー が判明!!!!:暇つぶしニュース (via 774rider)

Aug 1

記事は、南に約12キロの位置にある退避先の福島第二原発(2F)の安全を確かめるため、風向きをまず見させてから職員を退避させる吉田所長の姿が描かれている。そして、総務班長はこう指示する。

〈「皆さん、速やかに退避してください。最終目的地は2Fです。免震重要棟近くの路上にバスがあります。とにかく乗れるだけ乗ってください。まず正門の先で線量を測ります。とどまれなければ2Fに行きます」。総務班長はこの後、第2原発に「そちらに行くことになります」と電話を入れた〉

「2Fへの退避ですよ」と仮眠中に叩き起こされ、2Fへ向かった者や、逆に2Fへの退避を命じられても「残ります」と言い張って、命令をきかなかった者、あるいは、2Fへの退避を決めたエンジニアが、「最後に子どもの顔が浮かんだんです。子どものためにも今は死ねないな、と思いました。正直、うしろめたさはありましたが……」と、自らの葛藤を吐露する場面など、長期にわたる取材の深さを感じさせてくれる描写だった。

私は、この記事の中で、「俺は、残る。君は出なさい」「絶対、外で会いましょうね」「分かった」「約束ですよ」……当直長からの退避命令に、そんなやりとりの末に2Fへ去っていく若手プラントエンジニアの証言が印象に残った。

また、退避しながら免震棟を振り返り、「あの中にはまだ人がいる」と涙が止まらなかった人、あるいは2Fの体育館に全員が無事到着したことが報告されると、「おぉ、そうか」と吉田所長が安堵した声で答える場面などが、興味深かった。

これが、朝日新聞が「9割が所長命令に違反して逃げた」と報じる、まさにその場面である。私は、あまりの違いに言葉も出ない。

-